Posts categorized "俳句"

名句メモ

 口内炎へ舌行きたがる瀧の前 (池田澄子)


「俺選名句」というメモもiPhoneメモ内に作っていたのだが、それもごそっと消えてしまったらしい。長い間かかって溜めたんだがな。

確か記憶では、


 瀧の上に水現れて落ちにけり (後藤夜半)


を最初にメモしたと思う。これはやっぱりすごい。

それにしても池田澄子さんの句も、自由というか人を食ってるというか、それでいて鋭い。
本当にそうだという実感がある。

二大瀧の名句だと思う。

どちらのタイプも、ああ俺もこういうのを作りたい、という気にさせる句だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

川柳メモ

俳句を始めたころからどうしてもつい川柳ができてしまうことがあって、
俳句とは別にしてiPhoneのメモに入れてだいぶたまっていたのだが、
いつのまにか1、2のかたまりが消えてしまっていたらしい。残念。

そういうわけで以下は比較的最近の「川柳3」のアーカイブである。

もう一周回ってやっぱ古い服

鍋に敷くタウンページの薄さかな

よく揺れるポニーテールに抜かれけり

人類をじろりと睨む大赤斑

立ち上げ中映る顔から目を逸らし

電球もレコードもなきエヂソン忌

焼香に摘むくらいのキャビアかな

警官の夏の妄想ウナギイヌ

「『またデジャヴ』というデジャヴ」というデジャヴ

半ズボン半額セールで二着買う

カメラじゃないほうにお辞儀や初司会

ラーメンのインスタ夏は少し減り

熱帯夜眠れないから起きれない

貝の蓋閉じるが如くトイレ閉ず

ズボン蹴りながら出て来る夏厠

網ポケットにまず放り込むロング缶

降車駅近づくほどに眠くなり

ぼくの体だけ乗せて行く救急車

もうちょっとマシなのたくさんあったはずだがな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

第二回鳥渡句会雑感

高円寺北口徒歩1分の「バー鳥渡」にて1月13日(土)に7名で開催。
(概要は https://chottokukai.blogspot.jp )

人数は丁度良いような、少しもの足りないような。
とはいえやはり、空間的にも時間的にも店長入れて8〜9名が限界ですね。

19時からの通常営業時間までには基本終わるようにしたいと思っており、
そのためコンパクトに約2時間で収まるようにする工夫として、事前選句方式にしています。
当日持ち寄り・当日選句だと、全体で3時間4時間平気で超えますね。

次回も参加者が7人だったら投句数4句にしたらどうかなと思ったりもしてますがどうですかね。

今回は安部さんの躍進がすごかったですね。逆選なしの6点で松谷さんと同点三位。
 
 霜柱歩調をあわせさくさくさく(安部誠)

 七草やひとくさがゆとなりにけり(安部誠)

の二句はリズムもいい上に、後半をひらがなでそろえたところなどは字面的にも楽しいですね。

あと、

 初景色雀の玉の散らばりて(安部誠)

は、じつに俳句らしい手慣れた感じの句でとても句会2回目には思えないです。(こう言っては失礼かもですが「かわいらしさ」も意外。「霜柱」句とあわせて、「まさかこの人の作とは!大賞」もぼくのなかでひそかに受賞してます)。

(↓続き)

Continue reading "第二回鳥渡句会雑感"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

第一回「鳥渡句会」雑感4

それにしてもやはり「鳥渡」句会でいちばん期待していたのは、
「鳥渡る」の季語で名句が生まれてほしい、ということでした。

その点で、今回の得点では2位でしたが、

  鳥渡るかつての海の草の波 (comy)

は第1回を飾るにふさわしい「鳥渡」句だったと思います。

渡り鳥がたくさん飛来してくる干拓地をあらわすのに、
「かつての海」という言い方はめちゃめちゃかっこいい!
「の」の字の繰り返しも、波のような草のうねりを感じます。

Continue reading "第一回「鳥渡句会」雑感4"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

第一回「鳥渡句会」雑感3

お題について。

企画発想の段階から、「鳥渡る」または「渡り鳥」は必ずお題にしたかったのですが、
それはさておき、もうひとつのお題はやはり「写真」しかないと思いました。

そもそも、写真家広瀬勉が写真を展示するために作った場でやるからには、ということと、
また、この店の常連の、写真関係のお客様にも関心を持ってもらいたかったからです。

そういう意味では、

  手土産はフィルムケースの金木犀 (黒羽真知子)

が第一回の最高得点句として刻まれたのは本当によかったなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

第一回「鳥渡句会」雑感2

「鳥渡」で句会を開催するにあたり、じつは気にしていたことがあります。

それは自分があまりにも素人であり、また長嶋有さんに教わっている身でありながら、ほかで句会を主催するおこがましさにについてです。

Continue reading "第一回「鳥渡句会」雑感2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

第一回「鳥渡句会」雑感1

念願の「鳥渡句会」を無事開催することができ、バー「鳥渡」マスター広瀬さんはじめ、あらためて皆様に心から感謝です。

バー「鳥渡」が大好きなみなさんそうだと思いますが、ぼくは「鳥渡」という場が大好きなのと同時に、この店名がすごく好きです。

「鳥」にこだわったお酒のラインナップや、お皿などの調度品選びに繋がっているのはもちろんのこと、言葉としての音の響きや、「チョット」一杯、みたいな意味的なことも、いつも「面白いなあ、よくつけたなあ」と感心していたんですね。

Continue reading "第一回「鳥渡句会」雑感1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

歌詞の俳句化の試み

#松本隆俳句

ももんがや暗闇坂は蝉時雨

賑やかな都市を飾るや女郎花

退屈や日傘くるくる白い道

風死すやカナリア諸島でアイスティー

以下追加。季語を入れ込むのはなかなか難しい。

緋色の帆掲げた都市の停泊す

吾を捨つる悲しい女だね君は

抜け駆けを責められし日や桜雨

桟橋で待つアメリカの貨物船

眼差しを読めぬ近視や北の空

指輪抜く七月生まれの背中かな

風立ちぬ菫向日葵フリージア

春色のあなたの煙草匂ふ汽車

人影のなくて気まずくなりぬ駅

色褪せたTシャツに口紅の朝

雪に捨て忘れしハートのイアリング

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|