Posts categorized "タバコ"

煙い煙草と煙くない煙草

好感を持っている人が吸っている煙草は,全然煙たくない。
これはふしぎ。

好感を持っている人に対しては,
自分はさておいて,その人が心地よければうれしい
という気持ちがある。

でも、自分の心地よさが最重要だと思っていると,
他人の煙草はとにかく不快だ。
自分が損させられた気になるからだ。

現代の煙草問題の核心は健康問題ではなくて,
自分問題と、損得問題だ。

|
|

幸せのハードル

他人に不寛容な時代。
かつて幸せのハードルが低かった時代は、もっと他人に寛容だった気がする。

煙草の煙に対しての感じ方にもそれが現れているのではないか。

|
|

肺さえ丈夫なら

肺と気管さえ丈夫なら,
おれのようなあまのじゃくは
今ごろ面白がって、逆に愛好し、擁護に回っていたはずだ>タバコ。
だって相当変で面白いもの。

タバコから見た文学史,映画史,漫画史なんて編集してみたいし、
自分が読んでみたいな。もし吸えてたら。
(やっぱ煙モクモクしながら作ったり読んだりしないと意味ないでしょう)。

タバコ擁護派の中に,タバコの効用とかを主張する人がいるけどそれは違うな。
タバコは良いところがまるでない、変なものだから面白いんだよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

タバコの絶滅もったいない

まえに、タバコは肺オナニーだ(しかも公然で)、みたいなことを,タバコは絶滅しちゃえばいいのにみたいな感覚で書いたような気がするが、
たとえばゴキブリが気持ち悪くて嫌いだからという理由で、絶滅しちゃえというのは乱暴だ、という感覚が、タバコに対しても最近とみに出てきた。
タバコは、このまま廃絶するにはもったいない奇習だ。肺が頑強な人はぜひ、おれが飯食ったりしてないところで、この不思議な文化を守っていって欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

タバコ問題

タバコ問題がもし、人々が健康に気を使うようになってきたという大きな流れの中にあるのだとしたら、
そまでさかのぼって考えないと。

なぜ体重や、いろんな数値の、健康にまつわることが、人生の最終的な幸せ度を量るようになってきているのか。

それは「だれにとっての健康」か、ということ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

タバコ

1)成人で  2)体に問題ない人が  3)迷惑かけずに  吸うのは自由

1)未成年をどこで区切るかは異論があって当然だが、社会の約束でどこかに決めざるを得ない。成人であれば、以下の条件に責任を持った判断ができると考えてよいだろう。

2)体が弱い、とくに気管や肺が弱い人が吸うのは自傷行為である。家族や友人を悲しませ、看病や早死にによって周囲に負担を強いる可能性が高い。中毒であるならそれを自覚し、脱却につとめるべき。一方、いくら吸っても全く健康に影響がないという頑丈な人もいるだろう。酒についても運動についても同じことがいえる。

3)不快か不快ではないかの判断は本人以外にはできない。「かまいませんよ」、といいつつ、内心は不快に思っているかもしれない。したがって、完璧を期すには、喫煙者以外は全く無人の環境でなくては、吸ってはならない(喫煙者ですら、他人の喫煙は不快だという人がいないとは限らない。だが、同時に吸っているなら問題ないだろう)。むろん、火事の危険性、他人をやけどさせる危険性などは、僅かでもあってはならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|