« September 2019 | Main | February 2020 »

December 2019

謹賀新年2020

2020

| | Comments (0)

世田谷区大蔵住宅給水塔 

2019年11月20日、東京メディアシティ砧スタジオで、仕事で関わった番組収録立ち会いがあり、タクシーで通りがかった。

仕事を早めに切り上げて、ぎりぎり日のあるうちに撮影。

世田谷区大蔵三丁目。


Img_7816-31

信号待ちに交差点での威容。早く近くでみたい。

 

Img_78231

一般道の歩道からほぼ至近で全容がみえる。

 

Img_78451

Img_78301

手前に「採水口」。頼もしい存在感。

 

Img_78461

フェンスで囲まれてはいるが、ほぼ足もとまで行く事ができる。

 

Img_78261

場所柄ウルトラセブンなどのロケにももちろん使われたらしい。

 

Img_78501

コンクリート製と思しき裸婦像。

Img_78511

力強さを感じる。

Img_7863

Img_78541 

このまま絵葉書になりそうだ。

 

Img_78671

歴史。

| | Comments (0)

凧の名句集

凧きのふの空のありどころ (蕪村)

人の親凧を跨で通りけり (一茶   

二村の凧集まりし河原かな (正岡子規)  

人の子の凧あげて居る我は旅 (正岡子規)  

小き子の小き凧を揚げて居る (正岡子規)  

糸のべて凧の尾垂るゝ水田哉 (正岡子規)  

きれ凧や糸くひとむる鬼瓦 (正岡子規)  

忽然と凧落ち来る小庭哉 (正岡子規)  

凧三角、四角、六角、空、硝子(芥川龍之介)  

かの童まだ遠凧につながれる (林翔)  

われとあり天を知らざるわが凧よ (橋本多佳子)  

兄欲しや弟欲しや凧を買ふ (成瀬正とし   

凧とぶや僧きて父を失いき  (寺田京子)  

凧の影走り現る雪の上  (松本たかし)  

夕空や日のあたりゐる凧一つ  (高野素十)  

凧上げの手応へ残る夜の指  (佐久間尚子)  

凧小さし川の向うの知らぬ町  (辻田克巳)  

凧手繰る墓の背後の市街より  (澤木欣一)  

凧揚げて子の水飲むや眼は天に  (大熊輝一   

凧揚げて空の深井を汲むごとし  (福永耕二)  

凧糸につまづく母を歎く子よ  (中村汀女)  

凧糸ののびるばかりの怖ろしや  (岸風三樓)  

凧高し少年風をにぎりしめ  (島田まつ子)  

切れ凧や江越え丘越え麦は青  (東洋城千句)  

切凧の絵をうつぶせに麦の上 (篠原温亭)  

洋凧と云ふが血走る目を持てり (相生垣瓜人)  

屋根越しに刈田に落ちし凧引かる  (田川飛旅子)  

つなぎ凧どんどん地球が軽くなる (宮川としを)  

凧ひとつ浮かぶ小さな村の上(飯田龍太)  

凧糸の白のひとすぢ身より出て(桂信子)  

一縷にて天上の凧とどまれり (平畑静塔)  

大凧の魂入るは絲切れてのち(高橋睦郎)  

凧の糸天には見えず指に見ゆ(山口誓子)  

| | Comments (0)

ラグビー名句集

ラガー等のそのかち歌のみぢかけれ (横山白虹)

枯芝に祈るがごとく球据ゆる(横山白虹)

ラグビーのしづかにボール置かれけり (岸本尚毅 

フランスを診るフランスのラグビー医 (山口誓子)

まためくれラガーの背中めくれ易し (山口誓子)

ラガーらの雄しべのごとく円となる (加藤三七子)

ラガー等のパンツ串刺にて干さる (窪田英治)

ラグビーボールぶるぶる青空をまはる (正木ゆう子 

ガラス拭くたびラグビーのポール見ゆ (徳弘純 

ラグビーの死闘と別に雀群れ(森澪雨)

ラグビーや敵の汗に触れて組む(日野草城)

ラグビーの離り駆くるがみな斜め(岸風三樓)

ラグビーの地にでこぼこの大薬缶(宮川杵名男)

| | Comments (0)

« September 2019 | Main | February 2020 »