« タイムマシンと同じことが出来てかつ矛盾のない機械。 | Main | おれ選名句集 »

「シミュレーション仮説」について

『この世界は誰が創造したのか』(冨島佑允)http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309253930/

を読み、考えたことメモ:

 

現在の世界を丸ごと細部まで正確にシミュレートした仮想現実を作ることが出来るとする。

 

その「シミュレーション世界」は、そのまま観察したり、または意図的に介入して条件を少しずつ変えて観察することで、ある状態から世界の未来がどうなっていくかを調べることが出来る。


多くのデータが集まるほど正確な未来予測ができるのだから、ひとつだけではなく無数のシミュレーション世界がつくられることになるだろう。


 

そうして作られた世界はまた、未来に時を進めるだけでなく過去に巻き戻すことも可能だろう。

 

単に巻き戻すだけでなく、最初に作り上げた時点よりもさらに過去へとそれを延長して作っていくことも出来るはずだ。

つまり物理法則に従って世界を丸ごと過去へと演繹していくわけだ。

 

世界はどのようにして始まったのか、いまこの世界がこのようである原因はなんなのか、世界の起源をさぐるそうした研究も、シミュレーション世界を作るの目的の一つと考えられる。

 

 

われわれの住んでいるこの世界もまさにそうして、何者かによって作られたシミュレーション世界の一つなのではないかという仮説がある。

 

シミュレーション世界は論理的に考えて無数にあるはずで、であるならば確率的に考えると、この世界はシミュレーションの一つであるほうが、そうでない場合よりも蓋然性が高いのだという。

 

 

「五分前世界創造説」という思考実験さながらに、われわれの世界は本当につい最近始まった「過去を持たない世界」なのかもしれない。


または、未来のある時点から過去に向かって演繹されて作り出されつつある世界である可能性もある。その場合、過去はこれからも生み出されていくが、未来はある時点から先はない、ということになる。

 

 

前者後者いずれにせよ、謎なのは、そうした世界の中でなぜ「この今」が今なのか、ということだ。

 

もしかすると、たまたまこのシミュレーション世界の創造者がわれわれを観察している時が「この今」なのだ、ということなのかもしれない。

 

例えば、文章で書かれた本であれば、いまここが読まれている行である、ということ。ビデオであれば、今ここに再生バーが合わされているということなのかもしれない。

 

 

ところでシミュレーション世界を作るにはかなり進んだ科学力が必要だとすると、その世界に模されて始まっただろうわれわれの世界は、この今のわれわれの現在よりもかなり未来から始まったと考えたほうが自然だろう。

 

そこから過去に向かって作り出されたこの世界を、ある時点からあらためて、われわれが「意識」と感じるものが未来に向けてトレースしている、というわけだ。

|

« タイムマシンと同じことが出来てかつ矛盾のない機械。 | Main | おれ選名句集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« タイムマシンと同じことが出来てかつ矛盾のない機械。 | Main | おれ選名句集 »