« 謹賀新年 | Main | タイムマシン完全無矛盾化理論 »

自分と出会わないタイムマシンの可能性

過去に出かけて行っても、そこにいる過去の自分と出会わないようなタイムマシンはあり得るか。

ふつう、タイムマシンで過去に行くと、そこにはタイムマシンに乗る時点より前の自分がいるはずである。
その自分に対し直接であれ間接的であれ干渉してしまうことによって様々な矛盾が生じ、タイムマシンをめぐる議論を非常に厄介なものにしている。

そこで、世界がもし書き換え可能な物語のようなものだったらどうか。


ある種のタイムマシンに乗り、いまから5年前の何月何日の何時に装置をセットする。
するとそのタイムマシンも含む全世界が一斉にその時間の状態に書きかわるのである。
ワープロで書かれている小説を以前のある状態に戻すといった感じで。

タイムマシンから外に出ればその世界には5歳若い自分がいるはずだ。
しかしそこがうまくつじつまが合うように書き換わり、そこには過去の自分はおらず、なぜか外見が5歳若返っている自分がそこに馴染んで入っていく。

50年前、100年前の場合、世界の書き換えはそれに即したものになる。

物語だからどうにでもなるのだ。

そういう装置としてのタイムマシン。


ここまで書いた気づいたのは、
世界書き直し型のタイムマシンの場合、
自分殺しや親殺しのパラドクスはそもそも全く心配ないのだった。

なぜなら自分の存在の原因となった過去の自分や過去の親は、
書き換えられたのであって、「真の過去」にはちゃんと存在している。

このタイプのタイムマシンでは、過去へのタイムトラベルは新しく世界ごと生まれた別の世界に移り住むことに他ならない。(言うなれば、タイムトラベルをしているようで、実は時間は普通に未来へ進行しているだけなのだ。)

なのでそこにべつの自分がもう一人いたとしても、干渉自由だし、殺したりしてもこの自分には関係ない。何をしようと自由である。

|
|

« 謹賀新年 | Main | タイムマシン完全無矛盾化理論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44804/64734772

Listed below are links to weblogs that reference 自分と出会わないタイムマシンの可能性:

« 謹賀新年 | Main | タイムマシン完全無矛盾化理論 »