« May 2016 | Main | December 2016 »

October 2016

岡山の鉄管スロープ

ほぼ岡山と広島にのみ存在するという「鉄管スロープ」を初採取した。
2016年10月9日撮影。
※説明はおいおい付けていきます。

Img_08771


Img_08781


Img_10211


Img_10351


Img_10381


Img_10411


Img_10441


Img_10451


Img_10471


Img_10501


Img_10531


Img_10571


Img_10631


Img_10731


Img_10831

Img_10891
中央が一番太いという、珍しいパターン。本数も8本で本日の最大。

Img_10901
1枚前のとは反対向きから撮った別個体。こちらもよく見ると中央が太いパターン。

Img_10951


Img_10991

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

山田のぼる問題とセワシ問題

『ホーホケキョとなりの山田くん』(原作/いしいひさいち 脚本・監督/高畑勲)の、
ほぼ冒頭に出てくる、山田のぼるによる、
「親が変わってもぼくはぼくじゃないか」という問いかけ。

それと「ドラえもん」(藤子・F・不二雄)単行本第1話に出てくる、
のび太の孫の孫、セワシによる、
「過去が変わっても結局ぼくは生まれてくる」という説明。

この二つには共通する考え方があると思いながらも、
根本的に違う点があるかもしれないという予感もあり、
これからつらつらと考察を始めたいと思う。

まず<山田のぼるの問い>だが、このような会話である。
ある日ふとのぼるが「もっとかっこよくてお金持ちの家の子に生まれていたら、ぼくの運命も変わっていたんだろうな」とつぶやく。それを聞いたを両親は「ばかだな、親が違ったらお前はそもそも生まれてこないんだぞ」と全否定し、のぼるは「そんなの納得できないよ。変な感じがするよ。親が誰だろうと、ぼくはぼくで、父さんは父さんで、母さんは母さんじゃないか」と反論する。

(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« May 2016 | Main | December 2016 »